『 家電の時代と流行。』

 家電ナビ、もと家電量販店で働いていました。

「 家電の時代と流行。 」     家電の話題です。
家電量販店の流れ

郊外型家電量販店と駅前都市型家電量販店

スポンサードリンク

 

今や、地方にも家電量販店が、たくさん存在しています、食品スーパーや薬屋さんの郊外型店舗は、

主要幹線道路沿いに出れば、よく家電量販店が出店しています。

 

日本がバブル経済時は、駅前家電量販店から郊外店舗型の家電量販店に、主流が移っていくようでした、

バブル経済時は、駅前には家電量販店はあり、郊外にも家電量販店はありましたが、

まだ少ない状態でした、郊外には中規模の家電量販店が少しずつ出店していきました、

 

バブル時の駅前家電量販店は展示している商品の品数が多く高級品も取り扱いが多く、安売り志向ではなかったような感じでした。

 

バブル時を含めそれから以降の郊外型の家電量販店は、中規模の大きさで、

取扱商品は売れ筋商品が中心でした、郊外型家電量販店はお客様のニーズに合わせた商品ばかりを展示して、

安さが魅力の店舗のようでした。

 

簡単に言うと、日本のモータリゼーション化の波に乗り、車で買い物するのが主流になっていき、

郊外の主要幹線道路沿いに行けば、食料品購入、ファッション購入、書籍購入、などなど、出来るように、

家電量販店も増えるだけ増えていきました、年数がたち、増えすぎた家電量販店は、

より安さを追求して続けていき、その競争に体力がなくなった家電量販店は淘汰され、

そして更に、波に乗った郊外型家電量販店、コジマ、ヤマダ、ケーズなど大型店を更に出店していきました、

駅前型店舗から郊外型店舗へ流行が変わっていきました。

 

 

郊外型家電量販店は安さの競争激化で、体力のない中規模の家電量販店は体力が持たず淘汰されていきました。

出店し過ぎで飽和状態になっていった郊外型家電量販店は競争激化で少しづつ閉店する店舗も、

出てきました。

 

 

その後再度、駅前の都市型店舗も大型店舗が増えていきました、

ヨドバシカメラ、ビックカメラ、などの超大型店舗が主要都市部駅前に出店してまた新たな流行に、

なっていきました、郊外型店舗多かったヤマダ電機も駅前大型店舗を主要都市部に出店していきました、

駅前型店舗から郊外型店舗へ流行が変わっていきました

 

 

 

その時期ぐらいから、家電量販店では「 他のお店はいくらです」

また「 ネットでいくらで出てました」って話が多くなっていきました、

ネットの値段が安い場合が多かったのですが、実在するお店で商品をみて、

アフターサービスのあるお店で買いたいって、思考もありますが、その感覚が年々薄れていきました、

修理はネットで買ってもメーカ修理ですから。

 

 

しかし、また新たな波がまた出てきました、

ネット販売に各家電量販店も力を入れていき、家電量販店各社もネット店舗参入していきました、

 

 

わざわざネットで簡単に商品の性能と値段がわかる時代になってきました、店舗に行かなくてもネットで簡単に買い物ができる時代になってきました、いろんな購入方法もあり、

AMAZONで買う事も、だんだん増えてきてきました、

簡単に買うにはネットでって感覚が年々増えてきています、

そうなると、今後は巨大な店舗を保持している会社とネット販売の専門会社の競争は、

どうなっていくのでしょうか?

2016年以降は、まだわかりませんが、どうなっていくのでしょうか?

 

 

 

 

郊外型の家電量販店

 

北関東のYKKが、郊外型の家電量販店を多く出店させ、日本全国中に、北関東のYKKが、出来ました、

それで、日本中の郊外で、北関東のYKKを中心に、家電の安売り合戦の始まりで、

体力のない中小規模の家電量販店は、太刀打ちできず、消えていったようです、

また、九州のベスト電器や兵庫県の星電社も、その勢力傘下にはいり、存続、

日本中の家電量販店は変化していきました。

 

 

そのなかでは、デオデオと栄電社とミドリの合併会社のエデイオンも、

大きく勢力を拡大していっています。

 

スポンサードリンク

家電量販店の流れ

 

インターネットが流行り始め、関東本社の家電量販店が、関西地区で多店舗展開開始、

私は、以前に関西本社の家電量販店で働いていました、その家電量販手もものすごく勢いよく伸びていました。

 

私は、関東本社の家電量販店に勤務してからも、元の関西本社の家電量販店をみていたら、

すごい勢いで伸び続けていました、

 

しかし、再再就職した関東本社の家電量販手はその数倍のお勢いで、勢力を拡大していってました、

いわゆる、北関東のYKKです。

 

この三社が、関西圏に進出してから、

ガラッと、関西の家電量販店や、家電ショップ、大阪日本橋の電器屋街は、大きく変化して行きました、

まず、兵庫県本社の星電社は震災後勢力が衰え、大阪日本橋にたくさんあった、 

ニノミヤ無線、中川無線、和光電気、消えていきました、ミドリ電機、八千代ムセンは、合併されました、

ものすごい変化かもしれません、それから、エデイオンも、関西圏に進出されて、関西家電店の勢力図は、

大きく塗りかえられていきました、その中で頑張っているのが、阪神タイガースのスポンサーの上新電機です、

関西の家電量販店で唯一、復活して関西圏勢力を広げているようです。

 

 

スポンサードリンク