『 家電の時代と流行。』

 家電ナビ、もと家電量販店で働いていました。

「 家電の時代と流行。 」     家電の話題です。
家電メーカー

東芝が、7000人もリストラ予定?

スポンサードリンク

 

東芝が、7000人もリストラ予定?

 

そんなに、多くの社員をリストラして、残った人間だけで、会社を支えらるのだろうか、

また、7000人の転職先の斡旋も、予定されているのだろうか、

年々、家電メーカーが、縮小しているようです、

もっと、白物家電の生活で絶対に、必要な家電製品中心に力を入れて、

会社の力を集中してやった欲しいと思います、

今まで、この20数年間に、家電メーカーを見ていると、

まず、オーディオメーカーが縮小、合併、AIWA 、ビクター、など、合併縮小されました、

今度は、シャープでした、シャープも、なかなか奇抜なアイデアの商品を出していたが、

縮小、リストラ、それで次は、まさかの、超巨大企業の東芝が縮小、

ここ最近は、ホント、家電関係が元気なさすぎ、家電関係で、威勢の良い話は、首都圏の海外からの瀑買いだけみたい、何だかなもっと、景気良くなってほしいと思います。

 

 

 

 

最近の日本の家電メーカー

最近日本のの家電メーカーが、元気なさすぎるな、

シャープ、東芝、かなり厳しい状態のようですね、

よく考えてみると、1990年代は、32型のブラウン管タイプのテレビは16万前後、

2000年ごろは、プラズマデイスプレイになると、32型で32万ぐらい、

2015年前後になると液晶テレビが、32型で3~4万円ぐらいで、

かなり良いのがありますね。

 

これだけ、テレビの値段が下がれば、生産側も販売側も、20年ぐらい前の、10分の一の、

人間しかいらなくなるのかな?

 

ただ、最近はスマフォなんかの、タブレットや、通信の契約なんかは、流行してますね、

しかし、人工知能の発達で、今ある職業が、消えて、新たな、職業が必要になってくるかもしれませんね。

 

日本の家電も、再度新たな商品開発なんか必要だと思います、が、しかしそれが、何なのかは、わからないですね。

 

シャープ、東芝、といった、日本の家電メーカーが、もっと栄える事を希望します。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

日本の家電メーカー

 

日本の家電メーカーの中で、本当に私が良いと思ってたのは、

やはり、松下幸之助さん健在時のナショナルがすごく良かったです、

私は、日本がバブル時、関西本社の家電量販店で、働いていましたが、

その当時の松下幸之助さん健在時のナショナル家電製品は本当に高品質でした、

なぜって? それは、松下幸之助さん健在時のナショナル家電製品は故障しませんでした、

これは、家電量販店で働いていた事がある者は、思った事があるかもしれません、

製品のちょっとした作りも、松下の製品は使いやすく、工事や設置しやすくできていました、

生活用の家電製品は、松下製にすれば、少し高くても故障しないので、間違いないような感じでした、

松下幸之助さん健在時のナショナル家電製品は、いろいろ思い出があります、照明やいろいろです、

社名がPanasonicに、変わり、松下幸之助さんが、おられなくなってからの、パナソニックは、

昔のナショナルとは、少し違うようになっていったような気がします、

同じ会社ですが、経営方針や、いろいろ変わってしまったように感じます。

 

 

もっと日本の家電メーカーに頑張って欲しいと思いますが、

2015年の状況は、シャープや東芝が、あまり調子よくなく、流行が変わってきています。

 

 

もちろん他の日本の家電メーカーも、世界的にすごい会社が多いです、

しかし、最近のエレクトロニクスの分野は、

IT系の、海外の会社が世界規模ですごく良くなっています。

 

日本のIT産業はどうなっているのかな?

 

まあ、バブル時のように、SONY、JVC、National、SANYO、が華々しく、

海外でも高評価された時代のように、日本のIT産業に活躍してほしいと思います。

 

 

 

スポンサードリンク