『 家電の時代と流行。』

 家電ナビ、もと家電量販店で働いていました。

「 家電の時代と流行。 」     家電の話題です。
ラジオ

ラジカセで聞いたラジオ番組

スポンサードリンク

 

私が中学生だった当時は、勉強しながらラジオ番組を聞くのが流行っていました、

ヤングタウンを聞いて、オールナイトニッポン、ってゆうラジオ番組を聞くのが、

楽しみでした、もちろんラジオを聞かないで、勉強だけした方が、ぜったに良いのは知っていましたが、

やはり、ラジオを聞くのが好きでした、AMラジオの独特の音が、何とも良かったですね、

ラジオのDJって、うまいですよ、テレビだと映像込ですが、ラジオの場合、音声のみで、

人をひきつけるような事をしゃべってくれますから、ホント楽しかった、

あ!それから、忘れてはならないラジオ番組は、淀川長春さんの映画の案内のラジオ番組、

とても良かったですね、独特のあのしゃべり方が本当に良かったです。

 

オールナイトニッポンでは、鶴光のDJが、楽しかったな、

ヤングタウンをセで聞いて、次に、オールナイトニッポンを聞いて、次に、走れ歌謡曲だったと思います

AMラジオ独特の雰囲気が楽しめました。

 

手にしたラジカセ

 

当時中学生だったと思います、親に買ってもらって、手にしたラジカセは、

ビクターでした、親はSONYに、しろって、言ってましたが、

そこは、スーパーでした、ジャスコかダイエーのどちらかで、

親に買ってもらいました、そこには、いろんなメーカーのラジカセが置いていました、

展示していたのは、たしか、SONY、ビクター、日立、など、だったと思います、

そこで、私は、そのお店の展示のラジカセの電機のスイッチを入れ、音楽を聞かせてもらうと、

なんと、SONYのラジカセより、ビクターのラジカセの音の方が良く聞こえました、

当時のビクターラジカセのスピーカの部分に、ホーン型のようなデザインが、

施されていました、おそらく、アルテックのスピーカーのデザインに、近付けたのだと、

思います、そのラジカセを、家に持って帰って、FMの音楽を聴くと、かなり良い音だったので、

SONYのラジカセにしろって、言っていた親も、そのビクターのラジカセの音に、はまっていました、

アンテナは、ロッドアンテナでした、カセットに、FMの音楽録音して個人で楽しんでいました、

当時のラジカセの音は、カセットテープの種類によって、音質が変わっていました、

やはり、高価なカセットテープの方が、良い音で録音できました。

 

確か、ノーマルテープ、クロームテープ、メタルテープ、などがありました、

まだカセットテープの種類があったと思いますが、忘れました。

 

それから、ビクターって良い音の音響機器を作ってるなって、感心していました。

 

 

スポンサードリンク

昭和のカッコ良かったラジオ。

 

昭和のカッコ良かったラジオ。

 

自分が中学生時代ですね、短波放送を聞くのが流行っていました、

当時はSONYショップが、あちらこちらにありました、

SONYの専門店です、その当時は、家電製品は、個人店で買うのが主流でした、

あと後の、修理やメンテナンスを、考えて、世間一般にその当時は街の電気屋さんで、

家電製品を買ってました、私の住んでる街には、ジャスコ(今はAEON)で、家電専門のスーパーがありました、

たしか、5階建てぐらいの、かなり、大きな家電専門のジャスコでしたが、

さっぱり、売れてないような感じでした、お客さんは、ガラガラ状態でした、

その当時は、スーパーで家電製品は買わない、って言うう人が、ほとんどでした。

 

そのスーパーの近所にSONYショップがありました、

なぜか、SONYでないと、ダメって、言う、SONYマニアが多かったのです、

それで中学生の私は、そのSONYショップに、カタログだけもらいに良くいきました、

忘れもしない、欲しかった、そのラジオの名前はSONYのスカイセンサーでした、

カッコがものすごく良かったので欲しかったのですが、カタログを見てただけでした。

 

デザインがかなりカッコ良かったので、欲しかった事を今でも覚えています、

たしか、バーアンテナが付いてて、アンテナ単独で回転出来て受信できるようになってました。

 

 

スポンサードリンク