『 家電の時代と流行。』

 家電ナビ、もと家電量販店で働いていました。

「 家電の時代と流行。 」     家電の話題です。
家電業界の話題

スポンサードリンク

サイト管理人のブログです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

ブログ一覧

2016年  主要家電量販店の経営成績

スポンサードリンク




2016年の主要家電量販店の経営成績
ヤマダ電機
連結決算 経営成績
       2016年3月実績 (発表日)2016/05/09 (決算月数)12ヶ月
(売上高)1,612,735(百万円) (営業利益)58,158(百万円)
ビックカメラ
本決算   経営成績
   2016年8月実績 (発表日)2016/10/13 (決算月数)12ヶ月
(売上高)426,670(百万円) (営業利益)13,621(百万円)
ケーズホールディングス
本決算   経営成績
2016年  3月実績 (発表日)2016/05/09 (決算月数)12ヶ月
(売上高)531,923(百万円) (営業利益)13,233(百万円)
エディオン
本決算   経営成績
2016年 3月実績 (発表日)2016/05/10 (決算月数)12ヶ月
(売上高)619,114(百万円) (営業利益)14,374(百万円)
コジマ
本決算   経営成績
2016年  8月実績 (発表日)2016/10/11 (決算月数)12ヶ月
(売上高)226,297(百万円) (営業利益)2,010(百万円)

2016年度はビックカメラのカメラ関係が大苦戦状態だった。

2016年度はビックカメラのカメラ関係が大苦戦状態だった。

東京山手線の超一等地である、ビックカメラ有楽町店でも2016年、黒モノ家電がが苦戦状態。

ビックカメラの宮嶋宏幸社長は、 「今期は白モノ家電のウエイトを高め、フロアの面積を広げたり、メインコーナーに移したりしていきたい」

と、発言しているそうです。

つまり、瀑買いが少し減ってしまい、観光客が多く買っていた、
デジタルカメラ関係の販売が少なくなってしまい、
反対に、生活必需品である、冷蔵庫や掃除機、洗濯機などの白物は、
毎年安定的に、販売出来て、売り上げを安定させることが、
重要視され、白物家電の販売面積を広げているらしいです。

ビックカメラの子会社であるコジマは、白物家電は順調に売れていき、
かつてほどでは、ないが、売り上げを伸ばしていっているらしい。

考えてみると、カメラなどの商品はネットで購入した方が、安く同じものが買えます。

テレビも、ネットで選んで十二分に満足できる商品を選ぶことができます。

しかし、白物家電は、設置場所などの分野を専門の販売員に相談して購入しないとあとで困ってしまう事があります、
もちろん専門的な知識があれば、白物家電もネットで購入すればじゅうぶんですが、
多くの人は、エアコンの専門的な知識や工事の知識がないので、家電量販店の専門の販売員と相談したほうが、
あと後、良いに決まっています。

しかし、すでに、多くの家電量販店は白物家電を重要視しています、
今更、ビックカメラが白物家電に力を入れる必要があるのか?

また、ビックカメラの専門的な、カメラの知識が不要になるのか?

ビックカメラの特徴は、白物家電ではなく、カメラ分野だと、私は思っています。

私は、以前に、関西の家電量販店で近畿地方で働いたことがあり、
また、関西のパソコンショップで働いていたこともあり、
そして、関東系の家電量販店で東京の郊外の店舗で働いていたことがありますが、
やはり、専門分野の知識をお客様は希望されていました、
その次ぎに、購入価格が大事のようでした。

やはり、ビックカメラに、求めるものは、
他にはない、カメラの知識と他にはないビックカメラの豊富な品ぞろえが大事だと思います。

でもしかし、これからの再需要な事は、ネット販売の重要性だと思います、
ネットは距離や時間が、短縮されますから、
これが、これからの、2017年以降の家電量販店の一番大事な事だと思います。

スポンサードリンク




ヨドバシカメラが梅田に「ヨドバシタワー」を、建設!

ヨドバシカメラが梅田に「ヨドバシタワー」を、2017年に着工

2019年に完成予定で、今ある、ヨドバシカメラ梅田店の北側に建設予定と、

発表されています。

今ある、ヨドバシカメラの建物も、かなり大型ですが、

ヨドバシカメラ梅田店に隣接する北側に、150mの大型ホテルも入る、

巨大な建物を、建設するらしいです。

もはや、ヨドバシカメラは、電器屋や百貨店の枠を超えた、

巨大な建物を建設するようです。

家電業界が低迷する中に、ひときわ華やいだニュースで、

好景気な感じを受け取りました。

梅田には、世界的に有名な梅田スカイビルもあるので、

それに負けないくらいの有名な建物になればよいなと、

思っています。

スポンサードリンク




シャープは復活するのか?

台湾の大企業のホンハイの傘下で、

再建中のシャープは、国際競争力を取り戻し、

あらたな、奇抜な目の付け所が鋭いシャープらしい製品を世界に販売して、

新たに復活するのだろうか?

 

国内の家電産業が衰退、いや、国内の家電ハードのメーカーは衰退、

家電ソフトの関係の産業は一時的には、隆盛しそうな気もします。

 

家電ハードと家電ソフトの充実したメーカーにシャープがなれば、

シャープは復活するかもしれませんが、

シャープは主に、家電ハードが主力のようです。

 

今後、更にシャープが、独創的な製品を発表して、世界を驚かせてほしいと思います。

 

 

 

 

シャープが本社を阿倍野区から堺の工場へ移動計画

シャープが本社を阿倍野区から堺の工場へ移動計画

シャープが鴻海の傘下になって本社を阿倍野区から堺の工場に移動計画、
無駄をなくすための合理化でしょう、
私が家電量販店に働いていたときのシャープのセールスの人は、
本当に親切な人が多く、また修理サービスの人も大変一生懸命にしてもらった記憶がよみがえってきます。

更に、経営状態の悪化から、東証1部から東証2部へ降格、
私が家電量販店に働いていた時では考えられない事態がシャープに起こっているようです、
本さん傘下になっても、シャープの雇用を維持して欲しいです。

商品は相変わらず、シャープらしい、斬新な考えの商品を発売してますね、
蚊取機能付きの空気清浄機など、
さすがわ、シャープですね。

今後も、シャープのニュースが気になります。