『 家電の時代と流行。』

 家電ナビ、もと家電量販店で働いていました。

「 家電の時代と流行。 」     家電の話題です。
家電メーカー

東芝の家電

スポンサードリンク

 

東芝の家電で、人気のあったのは、

日本がバブル時、ブラウン管タイプのバズーカとか、もっと前の昭和の時代のオーディオ、

「 オーレックス 」ブランドの、ステレオ製品が良かったな、デザインとかも良いし、

昭和の時代は、ステレオが、人気商品で、いろいろな、

「 オーレックス 」ブランドの、ステレオ製品があり、アナログのレコードプレーヤーや、

良い商品が、いっぱいあったので、最近の東芝の経営難が、寂しく感じます、しかし昭和時代に、

東芝が人気ブランドで、テレビもステレオも冷蔵庫も洗濯機も、売れていました、

その当時から「 サザエさん 」があって、コマーシャルは、東芝でサザエさんも、』宣伝していました、

かろうじて、2016年も「 サザエさん 」のスポンサーを続けてくれるそうなので安心しました、

東芝に頑張って欲しいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

東芝が、約一万人以上を削減予定を計画

 

本社、約  (200億円の人件費削減  国内外で、約1000人を削減

家電事業  (PC,映像、生活家電) 国内外で、約3700人を削減

半導体事業 (白色LED撤退、画像センサーを、SONYに売却)国内外で、約2800人削減

 

東芝は、2016年3月期連結決算の純損益が、

過去最悪の5500億円の赤字になる見通しを公表した。

 

東芝は、家電から原発までを、手がける総合電機メーカーです、

グループ全体の従業員は約二十万人、アイロン、炊飯器、世界初のノートPC、などを、

次々に生み出して、収益源でしたが、韓国や中国との競争に敗れ業績が悪化し、

またパソコンや事業は、不正会計の舞台にもなり、世間を騒がせていました、

そして、不正家計の影響で市場からしばらくは資金調達が、しばらくの間できなくなっってしまう、

それに、2016年3月期の大幅赤字が原因での、約一万人以上の削減に、

なるのかもしれない。

 

東芝はPCでは、VAIOや富士通、生活家電ではシャープとの統合も検討中らしいです、

現在の状況を打破するために、日本の家電メーカーが、協力し合って会社運営をやって欲しいと

思います、また、人員削減は出来るだけしないように、経済発展して欲しいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

シャープの液晶事業をJDIが買収提案

 

シャープの液晶事業をJDIが買収提案

 

以前私は、関西本社の家電量販店で働いた事もあり、

関東本社の家電量販店で働いていた事も、ありますが、

シャープの人の一生懸命さは、際立っていました、

いつも丁寧に親切でした、セールスの人も、サービスの人も、どちらも、

たいへん親切な人ばかりでした、シャープ亀山の液晶がヒットした時は、

たいへん良くなったと思っていました、

がしかし、だんだんと、液晶事業の経営状態があまりよくなっていったようです

それは、パナソニックもそのようでした、液晶事業の縮小が、

他のメーカーでも、人がり始めたようです、

また、製品機能は大変良くなりましたが、海外との関係もあり

値段が下がりすぎたのでしょうか、

世界のグローバル化が原因でしょうか?

 

良い製品が安くなるのは良いのですが、それによって、仕事がなくなっていったのかもしれません、

シャープにも、新たな収入源になる、新事業を始めて欲しいと思います。

 

スポンサードリンク