『 家電の時代と流行。』

 家電ナビ、もと家電量販店で働いていました。

「 家電の時代と流行。 」     家電の話題です。
2016年の家電業界

シャープが本社を阿倍野区から堺の工場へ移動計画

スポンサードリンク

シャープが本社を阿倍野区から堺の工場へ移動計画

シャープが鴻海の傘下になって本社を阿倍野区から堺の工場に移動計画、
無駄をなくすための合理化でしょう、
私が家電量販店に働いていたときのシャープのセールスの人は、
本当に親切な人が多く、また修理サービスの人も大変一生懸命にしてもらった記憶がよみがえってきます。

更に、経営状態の悪化から、東証1部から東証2部へ降格、
私が家電量販店に働いていた時では考えられない事態がシャープに起こっているようです、
本さん傘下になっても、シャープの雇用を維持して欲しいです。

商品は相変わらず、シャープらしい、斬新な考えの商品を発売してますね、
蚊取機能付きの空気清浄機など、
さすがわ、シャープですね。

今後も、シャープのニュースが気になります。

シャープが、鴻海の傘下

シャープが、鴻海の傘下

 

 

 

シャープの鴻海傘下になり、
日本の家電メーカーが、初の海外のメーカーに、飲みこまれたた事実、
これには衝撃が走りました。

 

 

 

 

鴻海は、おそらく、シャープの40歳以下の従業員はそのまま雇用、
40歳以上は、どうなるかわからず、
それから、シャープの名前は絶対に2年間は保守、
それ以降は、わからない。

 

 

 

 

 

 

鴻海の社長のテリーゴウ氏は、
噂によると、かなりのやりて、
スピードが、日本の会社ではできなほど、
早い決断と選択で、
いまや、日本のトヨタより大きな会社になっているようです今後の、
鴻海のテリーゴウ氏の、同行は、
かなり気になります。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

ヤマダ電機の社長が交代

ヤマダ電機の社長が交代

 

 今まで社長だった、山田昇さんが会長になるそうです、

ヤマダ電機も店舗をすでに増やせるだけ増やしていますから、

これからは、不採算店舗の閉鎖や新しく東京で行っている営業形態の導入や、

新形態の方針、また、住宅関連などの営業など新形態の営業方針のあらたに、

加えていくのでしょうか、おそらく、社長は新たに変わりますが、

実権は会長のような気もします。

 

いずれにせよ、ヤマダ電機も新たな方向に変化していく時期なのでしょう。

スポンサードリンク